スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術祭

先日、大学の学園祭(芸術祭という)に行ってみた。

屋台でにぎわってるコーナーもあれば、ホールで演奏も聴ける。
その日、ショパン国際ピアノコンクール(2010年)優勝者のユリアンナ・アヴデーエワさんの演奏があり、大勢の人が詰め掛けていた。
何故かムスメではなく、知り合いのピアノの先生からこのコンサートがある事を聞き、行くの?と聞かれた頃には整理券の配布はとっくに終わっていたという・・・
聞けば、自分もこのコンサートのオケの募集に気付いたのが遅くて申込みが終わっていたことが残念で、言う気になれなかったとか(おい!)

というわけで、大勢の人が集うそのコンサートではなく、別のホールで行っていた、作曲科の演奏会を見に行ったのだった。

こちらにも、若き才能の発表の場として、もちろん初めて聞く曲ばかり。
友人の作曲家の演奏にも出るというので、聞きに行った。
ムスメの友人だが、私もDTMの事などで相談にのってもらっている、頼りになる作曲家。
新しい情報は若い人から聞くと、早い!
贔屓目にみてしまうので、曲、演奏共々とてもよかったといってしまおう。

聴衆からすれば、難しい理論は抜きにして、難解な曲が素晴らしいという訳ではない。
新しい試みも、すごい!と思っても素晴らしい!と感動するかは別だ。
これから、この原石が磨かれるんだろうなぁと楽しみになる曲や演奏にたくさん出会え、こっちまで嬉しくなった。



今、うちには、シベリウスの本や曲がたくさん。
作曲家の人生背景を知ると、曲を聴き方も少し変わる。

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲/ブルッフ:スコットランド幻想曲シベリウス:ヴァイオリン協奏曲/ブルッフ:スコットランド幻想曲
(2008/11/19)
五嶋みどり

商品詳細を見る


ユリアンナ・アヴデーエワさんの演奏は、ホールの様子を流しているフロアのビデオで少し見ていたが、
やっぱり直接、聴いてみたかった。


今度そういう機会があったら教えるべしと、強く伝えておいた。
クラシックMIDI ラインムジーク トップへ
スポンサーサイト

ミュージックタイマー

ラインムジークのMIDIを使用した、Androidアプリケーションが、株式会社スプリングボードさんよりリリースされました。

ミュージックキッチンタイマー

アラーム音のほか、
きらきら星変奏曲K.265
ジュ・トゥ・ヴ(お前が欲しい)
天国と地獄
金毘羅船々(こんぴらふねふね)
四季「秋」第1楽章

が、アラーム終了音として流れます。
急いでタイマーをきらなくても、一曲聴いてもOK。
カラーも選べるそうなので、Androidをお使いの方は、試してみてくださいね。


今はキャンペーン中みたい。
クラシックMIDI ラインムジーク トップへ

さくらさくら

夏に、この映画「さくらさくら」を見てきた。
もう、上映はしてないのだけど、横浜のイベントで。

博士としての功績は、タカジアスターゼでともかく有名だが、また、
民間のアメリカ外交の功績はただならないものだ。
第二次世界大戦の前の日本、苦難を繰り返し、自費でアメリカに6000本もの桜を送った話。
いろんな人のいろんな思いがあわさって、こんな風に物事は成し遂げられていくことがわかる。


映画さくらさくら公式ガイドブック映画さくらさくら公式ガイドブック
(2010/03/20)
北國新聞社出版局

商品詳細を見る


最初は、桜の木に害虫がついてたことで、「害虫を送りつけた」と非難された博士。
それにもめげず、新たに、3年の月日をかけて6000本の苗木を贈ったのです。

その苗木がいまでは、アメリカの桜祭りで多くの人の目を和ませているのかと思うと、感慨深い。

クラシックMIDI ラインムジークトップへ





おまけ。
石の上にもワンコ

P1030295.jpg

ヴェデルニコフのドビュッシー

ソビエト時代に西側での演奏を許されなかったロシアの幻の巨匠ヴェデルニコフ(1920~93)のドビュッシー

ロシア・ピアニズム名盤選-8 ドビュッシー:前奏曲第1巻/ベルガマスク組曲ロシア・ピアニズム名盤選-8 ドビュッシー:前奏曲第1巻/ベルガマスク組曲
(2003/05/21)
ヴェデルニコフ(アナトリー)

商品詳細を見る



ふと、ヴェデルニコフを思い出したのは、
ムスメが今、ベルガマスク組曲の前奏曲を弾いているから。
波乱の人生を生き、信念に正直なために当局から睨まれ
海外での演奏活動が制限されていたため
ピアニストとして名声を得たのは後年になってからだった。

なので、決していいとは言えないであろう音源も、貴重な音源の状態として理解するべきかと。


ムスメはベルガマスク組曲の中からなんでも好きな曲を選んでいーよと言われ、選んだのが、前奏曲。
私も、ベルガマスク組曲の中では好きな曲。
夏休みの課題として、専らこればかり弾いています(これしか弾いてないとも言う)。




さて、私の友人のピアニストも、何回かの日本でのコンサートを終え、故郷の国に帰るとの連絡があった。
今回は、コンサート終わりに顔を見せた程度で、あまり話もしなかったため、電話をくれた。
彼女は外国人なので、電話だと時々話がかみ合わないのだけど。

「今回の、○○のコンサートはひどかった」

というので、ちょっとミスタッチが多かったスケルツォの話?と思いきや

コンサート事務局とのトラブルの話だった・・・


そして、どこまでもポジティブ。

「どの曲がよかった?」

とは聞くが、反省のようなことは言わないし、
いつも、この曲は練習不足だったの?と聞いても、そうだと答えたことはない。
それは、ある意味自信があるからなのか。
また、冬に来日するのを楽しみに。

クラシックMIDI ラインムジーク トップへ

ブラームス  於 白水社

せっかく音大生になったのだから、これは活用させてもらわねば、

と思ってたことは、そう、大学の図書館の活用。
クラシックの資料も豊富だし、古い本がそろっているし、
CDも借りられる♪

ムスメに、借りてきてほしいものを(それはもう、4月の段階から)、口頭で伝えていた。

「ブラームスのピアノソナタ借りてきて」

と、何度か言ったはず。

私が想像してるのは、こういったやつ。
演奏者はセレクトで。
ブラームス:ピアノソナタ第1番&第2番ブラームス:ピアノソナタ第1番&第2番
(2007/09/26)
リヒテル(スヴャトスラフ)

商品詳細を見る




しかし、何を思ったか、自信満々で渡されたのはこちら。

ブラームス (ソルフェージュ選書 (3))ブラームス (ソルフェージュ選書 (3))
(1985/04)
ジョゼ・ブリュイール

商品詳細を見る

同じ白水社で年代違いの同じ本がもう一冊。

後はこちら。

友情の書簡―往復書簡集 (1950年)友情の書簡―往復書簡集 (1950年)
(1950)
クララ・シューマン、ヨハネス・ブラームス 他

商品詳細を見る


どっちも、本じゃないですか・・・。


しかしこの本、実家にあるどの本より古いとみて、発行年月をみると、1950年だった・・・。
ブラームスとクララのお手紙のやりとり集。
個人的には、こんなもの世にだしていいのかと思ってしまうし、クララは結構焼いて捨てているので、人目に触れさせたくない手紙もあったのだろう。


このふるーい本は、ちょっと表現も古く読みづらく 二人の関係を覗くようで悪い気がして進まないが、
上の白水社の「ブラームス」 は結構面白く、読んでいる。


ちょっと前々から、ブラームスを聞いてて思った疑問とか、
なんでかなぁと思ってたことが、ブラームスの背景を少し知ると、見えてくるものがあるので、面白かった。


ブラームスが、ドビュッシーのように、印象派にどっぷりつかっていたら・・・

とか、想像してみたり。


しかし、今度こそCDを借りてもらわねば。
「シェーンベルク」の本も頼んでるのだが、ムスメはこの名前をイマイチ覚えてない気がする。
クラシックMIDI ラインムジークトップへ


プロフィール

ゆぅ

Author:ゆぅ
ピアノ連弾ラインムジークのゆぅ♪

『クラシックMIDI ラインムジーク』を運営してます。

MIDIは、音楽素材として、HPのBGMや色々な映像作品、CM等での使用が可能。
生演奏に最も近いMIDIを目指してます。

MP3、wavデータで使いたい方はメールしてくださいね♪

『クラシックMIDI ラインムジーク』へは右のリンクから♪



 Love & Peace ♪  

クラシックのチケットなら
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。