スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストラディヴァリウス サミットコンサート2009

ストラディヴァリウス サミットコンサート2009に行ってきました。

演奏は、ベルリン・フィル・ハーモニック・ストラディヴァリ・ソロイスツ
ベルリン・フィルのメンバーが中心の弦楽アンサンブル。最高のメンバーです♪

今回の来日でのプログラムは、A、B、Cとあり、3日間のコンサートの曲目はすべて違うので、どれにしようかと本当に悩んで、最終的には日にちで選んでしまった(ツィメルマンのコンサートと重なっていたりしたので)。
ちなみに、今日の午後7時からのサントリーホールでの公演が最後です。

言うまでもなく、ストラディバリウス11台が揃うこのコンサート。
お金で買えない、名器が作られてからの300年の時間と、最高の演奏者で奏でられる曲に、
なんとも感動を覚えたコンサート。

モーツァルトのディヴェルティメント、ヴィヴァルディの「四季」は、なんとも美しい演奏。
ソロもそれぞれ美しく、生で「四季」を全曲聴くととても立体的な曲だとわかります。
アンコールも3回あり、うちチャイコフスキーが2曲。特にアンダンテ・カンタービレは なんともしびれる演奏・・・。
あれを聴かないで帰った人は、なんともったいないと思ったのでした。

しばらく余韻に浸れそう。。。
牡丹


クラシックMIDI ラインムジークトップへ

スポンサーサイト

クリスチャン・ツィメルマン ピアノリサイタル

・・・に、行ってきました。

3大B(バッハ・ベートーヴェン・ブラームス)のプログラムだったため、とても楽しみにしていたコンサート。
ラインムジーク竹宮さんと一緒に。



ブラームス:ピアノ協奏曲第1番ブラームス:ピアノ協奏曲第1番
(2005/11/02)
ツィマーマン(クリスティアン)

商品詳細を見る


さすが、一流のピアニスト。
とても美しい音色に、聞き惚れてしまう。

バッハのパルティータは、ここ何週間も車の中で聞きっぱなしだったグレン・グールドの演奏を聞き慣れていたせいか、まるで違う曲のように、ピアノの音色の美しさを最大限に引き出したような演奏でこれもうっとり・・・。

グールドの古典的な弾き方とは全然違う、ちょっとロマンティックでいて知的な演奏でした。

ベートーヴェンのソナタ、ブラームスの小品や、初めて聴いたシマノフスキの「ポーランド民謡の主題による変奏曲」も、とても演奏会を華やかに彩る曲。

会場には、バーンスタインとの共演したCDの数々がたくさん置いてあり、
いずれも、名演と言われているものばかり。

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番&第5番ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番&第5番
(2003/10/22)
ツィマーマン(クリスティアン)

商品詳細を見る




意外なことで驚いたのだけど、
今回のコンサート、聴衆がやけに礼儀正しかった、
曲と曲の合間に、咳などがほとんど聞こえず、とても静かに聴いていた。
もちろん、拍手は惜しみなく。

豚インフルの影響で、人前で咳をするのを控えた人が多かったのかもしれないと思いつつ。



オルゴールMIDI
ショパン 「ワルツ 第7番嬰ハ短調op.64-2」を追加しました♪
クラシックMIDI ラインムジーク トップへ


今日は娘とコンサートへ行ってきます♪

楽譜 アダージョ

・・・こちらの楽譜です(ともみさんへ)

珠玉のクラシックピアノアルバム アダージョ珠玉のクラシックピアノアルバム アダージョ
(1999/09/17)
大宝 博秋山さやか

商品詳細を見る


この楽譜、使い道も多くていいのですが、もう、再版されていないのか、出品者からの販売です。

クラシックMIDI ラインムジークトップへ

ばらが咲いた♪

バラをモチーフにした曲も数多くあるように、
バラは魅了される花。
この季節は、散歩の際に他のお宅のお庭のバラを眺めるのも楽しみ。

これはバラ園のバラ。

バラ園のバラ

うちのバラもようやくつぼみをつけ始めた。


今週からしばらく、コンサート続きなのも楽しみなのです♪
クラシックMIDI ラインムジークトップ

ウィーンの謝肉祭 さわぎ より 間奏曲

シューマン「ウィーンの謝肉祭さわぎ」 
あるいは 「ウィーンの謝肉祭の道化」
(などと訳されます) より インテルメッゾ を、ラインムジークにアップしました。

インテルメッゾ はイタリア語。インテルメッツォ はドイツ語の読み方です。
どちらも意味は同じ、間奏曲

まぎらわしいのだけど、シューマンは、ただの「謝肉祭」という曲もあり、どちらかというとよく耳にするのはこちらかもしれない。


この曲は、「ウィーンの 謝肉祭・・・み・た・い・な」
という別のニュアンスが含まれていて、これには曲の説明にも書いてあるけれど、シューマンなりのワケがある。
詳しくは、ラインムジークで・・・。


シューマン:アベッグ変奏曲シューマン:アベッグ変奏曲
(1994/11/26)
アシュケナージ(ウラジミール)

商品詳細を見る



リヒテルのこのCDは、アマゾンで曲のさわりが試聴できます。
こちらのMIDIの インテルメッツォ 間奏曲  は「ウィーンの謝肉祭の道化」第4曲めです。

リヒテル・イン・イタリー~シューマン:蝶々、ピアノ・ソナタ第2番、他リヒテル・イン・イタリー~シューマン:蝶々、ピアノ・ソナタ第2番、他
(2007/09/26)
リヒテル(スヴャトスラフ)

商品詳細を見る


情熱的な曲にあわせて、画像も、情熱的な・・・赤いバラ。
クラシックMIDI ラインムジークトップへ

グレン・グールド伝

そういえば、今年の母の日も、妹に頼ってしまった私。

出かけてたから、また、帰ってきてから、この本に夢中になって電話できなかった、などと言うつもりはないけれど・・・。


グレン・グールド伝―天才の悲劇とエクスタシーグレン・グールド伝―天才の悲劇とエクスタシー
(2000/09)
ピーター・F. オストウォルドPeter F. Ostwald

商品詳細を見る




つい夢中になって、夜中まで読み込んでしまう。
グレン・グールドの本は以前にも読んだことはあるのだけど。

この本は、グールドと友人関係にあった、精神科医でアマチュア音楽家のオストウォルドが著したもの。


ゴルドベルク変奏曲は、最近ずっと聴いています。




ぼたん

牡丹は一輪咲いていても綺麗だけど、こんなにもたくさん咲いていると、まぁるいつぼみがとても可憐に思えてくる。
クラシックMIDI ラインムジークトップへ

雑草ノオト

久しぶりに、公園に行ってきました。

緑がきれいな、季節。大木の、山もみじ。


yama


きれいに手入れされた花がたくさんある公園。
たくさん写真をとったような気がしたけれど、後でみると意外と少なかった、広域の写真。
とっても癒されて帰ってきました。

hanafan


前から気になっていた、柳 宗民氏の「雑草ノオト」
最初、「雑草の音」の事かと思ったけれど、いやいや「雑草ノート」だろうとすぐ思い直した。

柳宗民の雑草ノオト柳宗民の雑草ノオト
(2002/12)
柳 宗民三品 隆司

商品詳細を見る



でも、読んでいると、やっぱり「雑草の音」なのではないかと思うような。

草ひきをしていると何も思わず引っこ抜いてしまう、この雑草がとても愛らしく思えてしまうような本。
そばにおいて、時々読み返したくなる。

柳宗民の雑草ノオト〈2〉柳宗民の雑草ノオト〈2〉
(2004/03)
柳 宗民三品 隆司

商品詳細を見る


例えば、俗にいう「サンキライ」は、冬になると赤い実がついたものが花屋さんの店先などにも並ぶつる性の植物。最近はリースなどに使うのをよく見る。
この新緑の季節には、このサンキライのまぁるい黄緑の葉っぱがとても綺麗。
幼なじみのお母さんがよく、「柏餅つくるから葉っぱとってきて」と言うので、私たちは大きい葉っぱを山で選んで持ち帰っていた。
(売っている柏餅の葉っぱと違うなぁと思いながら)

この「雑草ノオト」に、このサンキライ(正確にはさるとりいばら)で、お餅を包んだり・・・という一節があって、そんな事を思い出した。
ひとつひとつの雑草に、それなりに思い出があるものです。


同じところを歩いても、撮るものが違う、竹宮さんの写真も楽しみ。
クラシックMIDI ラインムジークトップへ

クラシックレコード

さて、長いドライブの末、実家に帰ってふと見ると、昔のレコードがそのままの場所に置いてあった。

私が買ったレコードの類は自分でも覚えているけれど、父が買ったのであろうレコードも同じく並べてある。手にとってみると、チャイコフスキーだのショパンだのブラームスだのの協奏曲がたくさん!

昔のレコードの名盤はピアニストの写真も大きくて(CDの大きさで見慣れてしまったせいか)、迫力もある。
聞いてみたかったけれど、既にレコード盤は壊れている模様・・・。


最近、レコードのアナログな音が妙に懐かしく、聞いてみたいもの。音楽を大切に聴くような気がする。
クラシックmidi ラインムジーク トップへ
プロフィール

ゆぅ

Author:ゆぅ
ピアノ連弾ラインムジークのゆぅ♪

『クラシックMIDI ラインムジーク』を運営してます。

MIDIは、音楽素材として、HPのBGMや色々な映像作品、CM等での使用が可能。
生演奏に最も近いMIDIを目指してます。

MP3、wavデータで使いたい方はメールしてくださいね♪

『クラシックMIDI ラインムジーク』へは右のリンクから♪



 Love & Peace ♪  

クラシックのチケットなら
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。