スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメージンググレース

アカペラで歌う アメージンググレース は、思わずパソコンの手を止めてじっと聴きいってしまう。

今度、一年に一回のPTAコーラスで歌うので、参考にと聞かせてもらったのは、白鳥英美子さんのアカペラ。

AMAZING GRACEAMAZING GRACE
(1993/12/22)
白鳥英美子

商品詳細を見る



コーラスのために、簡単な音とりテープを作ったのだが、こういったシンプルな曲が、実は一番気を使う。
単純な音符とメロディーだからこそ、伴奏やメロディーが単調になりすぎないよう、少しばかり心を込めて。


アメージンググレースは賛美歌。
この歌詞を書いたジョン・ニュートンは、黒人奴隷船の船長だったのだが、後に宗教的に深く悔恨し、牧師となってから生まれたのがこの曲。


オルゴールMIDIクリスマス曲のカテゴリーにあります。
クラシックMIDI ラインムジーク トップへ



スポンサーサイト

オン・ブラ・マイ・フ

おたずねの楽譜。

「オン・ブラ・マイ・フ」  日本語訳では、樹木の蔭で(ラルゴ)が載っています。


イタリア歌曲集(1) (中声用)イタリア歌曲集(1) (中声用)
(2005/03/17)
畑中 良輔

商品詳細を見る



声楽のレッスンでもおなじみの、イタリア歌曲集です。

オンボロ・・・じゃなくて、オンブラマイフは、楽器でもよく演奏されるので、
耳にしたことがあるはず。
何かのCMでも聞いたことがあります。
メロディーの清々しさが素敵。
クラシックMIDI ラインムジークトップへ

シャボン玉

ラインムジーク の、拍手コメントで、

「シャボン玉 は、怖い歌だそうです。しゃぼん玉を赤ちゃんに例えているとか・・・」

というコメントを残してくださった方がいました。


「シャボン玉」の詩を書いたのは、作詞家の野口雨情さん。
作曲家の中山晋平さんとのコンビで、たくさんの童謡を残しています。

何年か前に、PTAコーラスで、この野口雨情さんと中山晋平さんの童謡メドレーを歌ったことがあり、その時に指導の先生から、この歌にまつわるお話を聞かせていただきました。

野口雨情さんは、「雨降りお月さん」 や 「黄金虫」 「赤い靴」 なんかも有名な歌。
中山晋平さんとのコンビの童謡もたくさんあります。


さてさて、結論からいうと、この 「シャボン玉」 は、謎めいたミステリーが潜んでいる訳でもなく、
怖い伝説が付き添っているわけでもないので、ご安心を。

野口雨情さんが、自分のお子さんが亡くなられたことを、シャボン玉に例えているそうです。
そう聞いてしまうと、とっても悲しい曲に聴こえてくるし、歌いながら泣きそうになってしまうんだけど・・・。


だから、怖い歌というよりは、悲しい歌、といった方がいいかも。
野口雨情さんの詩には、時々悲しいフレーズが入っています。


兎のダンス は楽しい童謡かな。
ラインムジーク トップへ


情熱大陸

先週の 恋して悪魔~ヴァンパイア☆ボーイ で、
ドビュッシー「夢」が流れていました。

夢想 とも呼ばれています。


折しも、ラインムジークのMIDIは暗めの画像で、
ヴァンパイアボーイに似合う、幻想的な曲。






さて、文化祭の準備で(ムスメが)用意した、情熱大陸の楽譜。
受け狙いのこの曲を、3人用に編曲してほしいとかいうので、

1.仕事ということで報酬をもらい、仕事を請ける
2.かわいいムスメのためならと、喜んで編曲をしてあげる

さて、どちらが私の答えでしょう。

ヴァイオリンピース 葉加瀬太郎 エトピリカ/情熱大陸/To Love You More (ヴァイオリン・ピース)ヴァイオリンピース 葉加瀬太郎 エトピリカ/情熱大陸/To Love You More (ヴァイオリン・ピース)
(2002/12/17)
不明

商品詳細を見る



答えは、

ムスメの音楽性の向上のために、編曲のアイデアだけあげました。


ただ、めんどくさかっただけじゃないの?
と、言わないでくださいな。


3人で実際に演奏しながらアイデアを出し合って、
ライブ的に音楽を作り上げていってもらえれば、ベスト。


うちは、「情熱大陸」 をかかさず見ている人が家族にいるため、よく知ってる曲だけど、
3人の中のひとりが、聴いたことないっていうので、こちらのCDを聴かせてあげることに。

情熱大陸~葉加瀬太郎 SELECTION~情熱大陸~葉加瀬太郎 SELECTION~
(2002/03/06)
TVサントラ

商品詳細を見る


いろんな楽器で演奏しても楽しそう。
ラテンのリズムなので、演奏してて楽しいだろうなぁ。

今年の調律

なんだかじめじめとした日が続くと、ピアノの調子が気になるもの。
先日は、アップライトの調律をしました。


グランドは、秋から冬、アップライトは5月から6月が調律の時期なんだけど、どうも毎年少しづつずれこむ傾向。
アップライトは消音機能を後付けした、かなり古いピアノですが、修理修理を重ねたツワモノです。
(どれくらいツワモノかというと・・・、実家にしばらくおいてた時に、ねずみがその中で暮らしてかじられていたところからの復活。)

グランドピアノを調律してくれる方は、消音ピアノはピアノにとってよくない!と言い切るのですが、
壁の薄い賃貸暮らしではとても役にたったもの。
今でも、夜遅い時間にピアノを弾こうとするムスメが楽譜をさらうのに使っています。

そのアップライト、ちょうど調律する何日か前、ムスメが消音にして弾いているのに、ある音だけがぽーんぽーんとなるので、夜中に弾くことができなくて困っていたところ。

エンジニアさんを呼ばなきゃいけないのかと思ってたけど、念のため調律士さんに伝えたら、
なんとか直してくれました。
ピアノの線が一本きれていて、これは今度新しいものに変えてもらう予定。
低い音は線が2本巻いてあるので、一本切れていても音は鳴るので支障はなし。

湿気と乾燥に敏感に反応してしまう時期です。
クラシックMIDI ラインムジークトップへ




プロフィール

ゆぅ

Author:ゆぅ
ピアノ連弾ラインムジークのゆぅ♪

『クラシックMIDI ラインムジーク』を運営してます。

MIDIは、音楽素材として、HPのBGMや色々な映像作品、CM等での使用が可能。
生演奏に最も近いMIDIを目指してます。

MP3、wavデータで使いたい方はメールしてくださいね♪

『クラシックMIDI ラインムジーク』へは右のリンクから♪



 Love & Peace ♪  

クラシックのチケットなら
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。