FC2ブログ

調判定

今年最初の買い物はコレ。

調判定を中心とした 楽典問題集 音大受験生のために調判定を中心とした 楽典問題集 音大受験生のために
(2007/11/22)
遠藤 雅夫

商品詳細を見る




去年から、調判定に悩んでいたムスメの買い物。



何小節かのフレーズを見て(決して聞かないのがポイント)
「コレは何調だ」と判定するのが調判定だが、
これは決して易しくはない。

というか、「こんな曲はないだろう」と思えるような、無調のような曲もしばしばだし、
例えばへ長調(F dur)だからといって決してシ♭(B)だけがついているわけでもないし、
だましやひっかけの連続だ。



それでもいくつか判定のポイントがある。
例えば、最初の始まりの音 だとか
頻繁に♭や♯、がついている音
時々ナチュラルがついている音
それを元に何調であるかを予測したり、
和声的短音階であるか旋律的短音階であるか、またはそう見せかけていないか

・・・などなどいろんな要素を元に判定していく。


でも、なんで?なんでこれが○調なの? みたいな問題もたくさんあって、楽典の先生にしつこく聞いたのだろう。


私も「なんでこれが長調か短調かわかんの?」と聞かれたのだけど、
「頭ん中の鍵盤で音を出して、想像してみたら?」
と言ったら かなりブーイングだったので(彼女は、理論的にどっちの可能性もありうる場合、何を基準に判定するのかというあくまで理論的な説明が欲しかったらしい)

実際に音をピアノで弾いてみたら、明らかに長調だったのだが、
「想像できない」 時もあると却下。

変な臨時記号がたくさんついてるのだから、新曲視唱のようにはいかなくても、私は随分これで乗り切ってきたように思うのだけど。



その後、彼女は楽典の先生にもっともっときちんとした、先生独自の判定基準法を教えてもらい、それをマスターするために上記の問題集を買ったようです。



私は先生に疑問をぶつけることもなく、自分でいろんな方法をあみだして克服してきたのだけど、
ムスメは先生から教えてもらうのが大好きなよう。
彼女をみていると、
昔の私ももっとよりよい方法があるのではないかと先生に聞いてみればよかったのに

とか思ってしまう。


ちなみに、ムスメはもう少し自分でも考えたら・・・とも思う。



クラシックMIDI ラインムジークトップへ






☆☆ 恐竜の卵・・・?


向こうに見える青いのは・・・


Image4751.jpg


ガンダム・・・?



Image4761.jpg


いや、アートです。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆぅ

Author:ゆぅ
ピアノ連弾ラインムジークのゆぅ♪

『クラシックMIDI ラインムジーク』を運営してます。

MIDIは、音楽素材として、HPのBGMや色々な映像作品、CM等での使用が可能。
生演奏に最も近いMIDIを目指してます。

MP3、wavデータで使いたい方はメールしてくださいね♪

『クラシックMIDI ラインムジーク』へは右のリンクから♪



 Love & Peace ♪  

クラシックのチケットなら
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる