FC2ブログ

人を魅了する演奏

週末の立ち読み。
面白かったので、というと不遜だろうか、とても参考になるので購入してもう一回読みたいと思う。


角川学芸ブックス  人を魅了する演奏角川学芸ブックス 人を魅了する演奏
(2009/03/13)
紙谷 一衛

商品詳細を見る


東洋と西洋の違いはすっぱくなるほど聞くけれど、和音の聞き取り方の違いや、文化の違い、歴史の違いは何度でも知っておいたほうがいい。できれば、実際に文化を感じた方がいいに決まっている。


ムスメも、新規に見てもらったバイオリンの先生に、
「ピアノを習ってた人の和音のとり方」
と言われた事を、本人はイマイチわかってないのではないだろうか、と私は感じているのだけれど
平均律や純正律といった音程のとり方の違いや、繊細さに欠けるといったことか・・・
きっと平均律の音のとり方に慣れすぎているのだろう。
この書籍にも、西洋の人と日本人の和音に対する意識の違いが指摘されていた。





日本の楽器にもそれぞれの調弦があって、それも面白い。
昔、祖母にお琴の調弦の仕方を教えてもらったが、それは歌詞がついていて、祖母はそれでうまいことお琴の調弦をしていた。
ピアノを習っていた私には
「ミラシドミファラシドミファラシ」
という音に聴こえてしまい、そして、そういったピアノの音を思い浮かべて合わせがちなのだけど、祖母は歌を歌いながら、弦をはじいて音程をとっていた。
祖母なりの、音律があり、音楽だったのだと思う。



先日行ったコンサートで、同席した年配の方が、
「とっても有名ではない人のコンサートに行くのは、ある意味冒険よね。
素晴らしい演奏に出会える時もあるし、いくら経歴がすばらしくてもつまらない時もある」
とおっしゃっていた。
いい演奏に出会えた時は、幸せを感じます。

クラシックMIDI ラインムジークトップへ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆぅ

Author:ゆぅ
ピアノ連弾ラインムジークのゆぅ♪

『クラシックMIDI ラインムジーク』を運営してます。

MIDIは、音楽素材として、HPのBGMや色々な映像作品、CM等での使用が可能。
生演奏に最も近いMIDIを目指してます。

MP3、wavデータで使いたい方はメールしてくださいね♪

『クラシックMIDI ラインムジーク』へは右のリンクから♪



 Love & Peace ♪  

クラシックのチケットなら
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる