スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉛筆の持ち方

教師だった父に厳しく直され続けた鉛筆の持ち方。
それは、しつこくしつこく言われ続け、完璧な持ち方をし続けないと許されなかった。
私は、お箸は割りとすぐにできたのか、鉛筆ほどうるさく言われた記憶はない。

そんな私のムスメは、お箸の持ち方はキレイなのに、何故かペンだこがお姉さん指にずっとある。
普通の持ち方をすれば、ペンだこはお兄さん指のはず。

お姉さん指で支えてるにもかかわらず、小さい頃から上手に絵も書くし、字もキレイに書く。
もちろん、私の父ほどではないが、直そうとして正しい持ち方を教えたけれど、私の目の届かないところではそうもいかず、とうとうそのまま大きくなってしまった。


中学生の時、ちょっとした病気で抹消神経が働かなくなり、鉛筆がもてなくなって握り箸のように持ってみみずのような字を書いてた時期があった。今思えば、その時に改めて練習し直せばよかったかもしれない。


そう思うのも、先日、バイオリンの先生に「鉛筆の持ち方を直された」 と言って帰ってきたから。


鉛筆の持ち方が違うせいで、発達すべき神経が発達してないのか、弓を握るときの持ち方と関係があるそうだ。


それを発見した先生もすごいが、それで今から鉛筆の持ち方を直そうとしているムスメもすごい。
それで音が全く変わったのだから価値はある。

まさか、今から直すことになろうとは思ってなかったけれど。
クラシックMIDI ラインムジークトップへ







☆☆ちょっと上目づかい

スポンサーサイト

コメント

No title

私は箸の持ち方がめちゃめちゃでしたが、アメリカ暮らしのなかで、箸の使い方を忘れてしまいました。当時アメリカで箸をつかう機会があって使い方を覚えなおして正しく使えるようになりました。箸の使い方を忘れるとは日本人ではないとよく言われます。

Re: No title

やはり、意識しないとなかなか持てないものなのですね。
日本人が器用だと言われる所以でしょうか。
お箸が違うせいなのか、中国や韓国のお箸の持ち方とも少し特徴が違うような気がしますが、
マナーなどともあいまって日本人らしい仕草なのでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆぅ

Author:ゆぅ
ピアノ連弾ラインムジークのゆぅ♪

『クラシックMIDI ラインムジーク』を運営してます。

MIDIは、音楽素材として、HPのBGMや色々な映像作品、CM等での使用が可能。
生演奏に最も近いMIDIを目指してます。

MP3、wavデータで使いたい方はメールしてくださいね♪

『クラシックMIDI ラインムジーク』へは右のリンクから♪



 Love & Peace ♪  

クラシックのチケットなら
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。